かめぢからケージ 販売中

かめぢからケージ 販売中

リクガメ専用の木製ケージです。

かめぢからケージアドバンス900(幅90cm奥行45cm高さ60cm)はリクガメ専用の木製ケージとなります。リクガメの飼育を始めるにあたって一番最初に選ぶべき機材はケージです。まずは飼育の元となるリクガメが生活する「広さ」を選んでください。広さを選ぶことはケージを選ぶことです。かめぢからケージはお好みに合わせて3色ご用意しております。

かめぢからケージアドバンス こげ茶
¥25000-(税込み)
かめぢからケージアドバンス カフェオレ
¥26000-(税込み)
かめぢからケージアドバンス ナチュラル
¥27000-(税込み)
かめぢからケージにさまざまな機具を取付けて飼育を始めよう!
店舗使用中のかめぢからケージ旧型
20年以上現役でリクガメたちの生活を支えています。

かめぢからケージの特徴

頑丈。

正面部分以外木製なのでぶつけたり落としたりしても割れません。かめぢからケージの上にそのままかめぢからケージを4個積み上げることができます(実際メンテナンスが可能な高さは3段くらいまでです)。体重72㎏の私が乗っても壊れません。びくともしません。倉庫でかめぢからケージを足場/台として高い場所の商品棚を管理、品出ししています。他メーカーの爬虫類水槽はもちろん人が乗ったら速攻で壊れます。しかしながら素材の8割がガラスという爬虫類水槽に比べるとかめぢからケージは軽量です。90㎝サイズで重量15㎏ほど。

ケージのみで積み上げが可能

ラックなしで積み上げることができるので無駄なスペース、費用などかかりません。お店でのリクガメ飼育もすべてかめぢからケージです。ただ積み上げて、地震対策をちょっとしてるだけ。東北大震災でも落下、破損なくゼロ。びくともしませんでした。

ありとあらゆる機材がセットできる。

メーカー物のケージはあえてライバルメーカーのライトなどが収まらないように作られていたりしますが、当かめぢからケージは基本どんなライトや保温器具でも設置できます。ただし、かめぢから飼育セットで推奨している機材が一番無駄がなくお勧めです。高さが60㎝と通常の90㎝ケージ規格とは異なります。ここがポイントでこの高さがメタハラの十分な照射距離、リクガメが一番好む光との距離空間を作るのです。

木製ですが燃えません。

木=燃えるから危険なら木造住宅は全部危険となるでしょ?2023年現在になってもほとんどの新築は木造住宅です。誤解している方が多いですが木って意外に燃えないんですよ。霧吹きや散水しても問題なし。普通にリクガメを飼育している環境であれば水を撒いてもこぼしても問題ありません。

長持ちするのか。

Gショックを1年でぶっ壊す私カメボスが毎日リクガメの世話をして22年使っています。木製のため時間が経てばたつほど味が出てレトロ感全開です。店舗で使用しているケージは22年間1日も休まずに使っていてこの通りです。かめぢからケージを製造してから今まで1個も壊れたことがないので何年使えるかは未知数です。とりあえずかめぢから創業と同じ22年。下敷き部分の板(底板)は必ず2年に1回は交換してください。

写真はこげ茶モデル。通常の状態。冬季は上部保温カバーを装着して使用します。
正面上部の保温カバーは着脱ができます。暑い時期には外して使用します。
保温カバーを外して空気の入り込む面積が増えました。涼しそうですね。夏はこれで使用します。
ケージの天井。メタハラの安定器を置く台座付、ステッパーも3か所。針金でいろいろ装着可能。
底面部。90㎝x45㎝で十分な広さ。このスペースがリクガメにとって最適な環境を作るベースとなります。
ケージ本体の底が散水や湿った床材で痛まないように下敷きを装着しています。2年に1回交換

リクガメ飼育をお考えの方はお店まで見に来てください。うん、そうしよう。

より広い特注ケージ

も製作いたします。幅120㎝ケージ、奥行き60㎝ケージなどお見積りいたします。今までに作ったことがある最大のケージは幅180㎝奥行55㎝です(かめぢから店舗にて使用中)。

特注の120x45x60㎝ケージ 2023年1月の時点でおおよそ¥60000-(材料費によって変動します)
照明器具などは90㎝ケージと同じ装備でこんな感じ。ZOOMED仕様です。十分に明るく、良い飼育環境です。
写真では取り外してありますが上部保温カバーも付属しています。冬は保温カバーを用いて熱が逃げにくくしましょう。